容量と料金を計算して安いタイプを選ぶ方法!

人によって必要なサイズが変わる

ウォーターサーバーは事務所などで使うイメージが強いアイテムですが、家庭で使う場合も様々なメリットがあります。例えば、1ボトルあたり、ペットボトルよりも多くの水を飲みながら保管できますし、わざわざ冷蔵庫に保管する必要もありません。しかし、料金を考えた場合、いくつかの重要なポイントがあります。
まずは、ウォーターサーバーの種類やサイズです。一概にウォーターサーバーといっても、メーカーによって異なりますし、水の容量もバラバラですよね。したがって、できるだけ費用を安くおさえたい場合、自分がどれだけ必要なのかを把握しておきましょう。これは初期費用だけでなく、運用費、つまり持続してボトル交換し続ける場合にもあてはまります。無駄をなくすことが重要です。

サイズが変われば購入費や運用費も変化する

先ほど紹介したように、ボトルサイズや、補給方法は運営費にも大きく影響を与えます。例えば、ボトルを定期購入した場合、すべて飲みきるなら問題ありません。しかし、毎回少しだけ残っているのに、そのまま交換し続けるのは、その分、料金を無駄にしているのと変わらないのです。それはたった100mリットルかもしれません。しかし毎回続き、積み重なった時を考えれば一目瞭然です。節約目的でウォーターサーバーに切り替えても、逆にペトボトルの方が安かったという結果になってしまいますよね。これはウォーターサーバーをお得に使う上で、外せないポイントです。
今回紹介したように、ウォーターサーバーには様々な種類やサイズがあり、自分の求めるサイズを把握しておくことが重要ですよ。

© Copyright Water Cooler Dispenser. All Rights Reserved.