カートリッジタイプとレンタルタイプどちらを選ぶ?

それぞれの特徴とメリット

ウォーターサーバーは、天然水や濾過水などのボトルを設置するレンタルタイプのものが主流ですが、最近は水道水直結型のカートリッジタイプのウォーターサーバーもでてきています。そこで、どちらのタイプが合っているのか見極めやすいように、それぞれの特徴を比較してみます。 まずはカートリッジタイプですが、水道水を直接注ぎ濾過するタイプであるため、面倒なボトルの交換や受け取りが必要ありません。水を購入する必要がなく、レンタル費だけで安全な水をたくさん飲むことができます。レンタルタイプは、天然水やミネラルウォーターなど、好みの水の種類を選ぶことができ、ボトルは万が一の備蓄水としても役立ちます。水のボトルも家まで配達してもらえ、わざわざ買いに行く必要がありません。

ウォーターサーバーの選び方

カートリッジタイプのデメリットは、大量の水を飲まない場合はボトル型よりコストが高くなってしまうことです。また、水道と直結するため水道設備の整っていない場所には設置できません。カートリッジも、1年に1回から2回の頻度で交換する必要があります。レンタルタイプのデメリットは、水を購入するコストがかかることです。ボトルを保管する場所も必要となり、スペースが少ない場合は保管場所に困ることもあります。
この事から考察すると、大量に水を消費したり、ボトルの交換や保管など面倒な作業を避けたい家庭にはカートリッジタイプのウォーターサーバー、水の消費が少なく天然水を飲みたい家庭にはレンタルタイプのウォーターサーバーが適しているといえます。

水のサーバーとは、交換式のボトルから冷水や温水を供給する機器です。また常温水も飲める常温機能付きサーバーもあります。

© Copyright Water Cooler Dispenser. All Rights Reserved.